TRPGにハマるも知名度が低く人数が少なくて寂しい

友人の紹介でTRPGというものを知りました。まず、「TRPGってなんだ?」ってとこから始まったのですが、聞いてみればテーブル(T)ロール(R)プレイング(P)ゲーム(G)の略称とのことでした。さらにルールブック、サイコロ、筆記具があればできる手軽な遊びだとも教えてくれました。スマホゲーム

「まだピンと来ないなら動画とか見てみて!」と凄い気迫で言われたので、勢いに押されTRPGの中でも有名だという「クトゥルフ」調べてみることにしました。最初は何やってるか分からなかったのですが、何本か動画をめぐるうちに理解し、やってみたいと思うとこまで至ってしまいました。完全に友人の戦略にはまりました…。

教えてくれた友人とやってみたのですが、夜にやり始めることではありませんでした。まず、時間がとてもかかるので睡眠時間が減ってしまいました。今回は2時間で終わったのですが、これでもとても短いと言われ驚きました。更に、ロールプレイングが難しく、自分でキャラになりきり行動を決めることがこんなに難しいとは思ってもいませんでした。

困難が多くとも、終わった時の達成感、頭をフル回転させる楽しさが病みつきになりました。今度はもう少し多くの人とやってみたいと思ったのですが、このゲームには欠点がありました。それは、一人じゃできないのに知名度が低いことです。

これじゃ、どんなに遊びたくとも相手がいないので出来ません。さらにルールブックの値段が中々いいお値段するので、容易に誰も手を出してくれません。いっその事、TRPG全体がブームになり流行ればいいのにと思う今日の体験でした。

保存

保存