デニム地のバッグ作りに挑戦中!軽めに作るにはコツがいる

ただ今、デニム地を使ったバッグを作ってみようと、取り組んでいるところです。「洗えて清潔感を保ちつつ、できるだけ肩に負担のかからない軽めのバッグ」を目指しています。材料は、100円均一で購入したデニム地(らしいです)と以前、手芸品屋さんで買って、エプロンドレスを作り、余りぎれとしてストックされていたシーチングと呼ばれる布です。

表がデニム、裏がシーチングとして使います。丈夫なデニム地でバッグを作るのですから、特に裏がなくても良いかもしれないと思ったですが、色うつりを心配して、シーチングを裏地として利用することにしました。

デニム地と聞いただけで、重いのでは?と思われる方が多いと思います。実際、縫っていると肩に負担がかからないのは、幻想で終わるかもしれない…と思っています。一旦縫い始めた以上、レザーよりは軽いバッグを作っていこうと考えています。

私の縫い方・作り方はいたってシンプルで、デザインは直線的で、縦と横に縫う感じです。特に凝った縫い方はしないつもりでいます。ちょうど今は、バッグの持ち手(テープ状でこれも100円均一で購入)となる部分を縫い付けています。縫いながら、丈夫なバッグ作りを目指していこうと思っています。

仕事が終わった後、縫うのは決して簡単ではありませんが、楽しみながら、一針ずつ縫っていこうと思います。もし、うまいことできあがったら、報告しようと思います。報告できたら、家族の通院の付き添いやお出かけに使ってみたいと思います。

バッグ手作り

保存

保存